愛知県名古屋市 専門学校エクラ


専門学校エクラは日本語と美容・衛生を学べる国際的な学校です。                      【Sitemap】

         
���w�Z�G�N��
美容コース

 

 
第2課題―オールウェーブセッティング (試験時間25分間)

 

 

 

通信制の生徒や、大規模校で十分に教えてもらえない方も参加しています。

オールウェーブセッティング

<技術の条件>
(1)ウェーブ7段構成を審査する。
(1-1)左右のフィンガーウェーブとピンカールの接続部が割れている場合減点とする。5点単位で最大30点。
(2)スタイル構成を審査する。
(2-1)完成後、補助ピンが頭部に残っている場合(ピンカールに規定以上のピンを使用している場合を含む。)は30点減点とする。
more and more . etc.



ウェーブ1 ウェーブ2 ウェーブ3 ウェーブ4
1
まず始めに、正中線より1cm程右にずれた所をポイントとし、放射線状にシェープします。
2
正中心から、右にコームの横幅分(約2cm)ずれた個所を基準とし、馬底ラインで半円を描きながらシェープします。
3
スカルプチュアを5つ収めますが、一つ目はループの1/3が額に出るように収めます。
4
2つ目を作ります。1つ目よりやや外に出し、丸いラインで収めます。
ウェーブ5 ウェーブ6 ウェーブ7 ウェーブ8
5
3つ目のカールはセンターに入ってくるようスライスをとり収めます。
6
4つ目のスカルプチュアは正中線上に位置するよう収めます。
7
5つ目のカールは3つ目の位置と同じ位置に来るよう、顔面側に向かってスライスをとり収めます。
8
2段目はフィンガーウェーブです。半円をしっかりかえし、割れのないようシェープしましょう。※ノ―パート構成なので、1段目と2段目の接合部は別れないよう、シェープします。
ウェーブ9 ウェーブ10 ウェーブ11 ウェーブ12
9
2段目、フィンガーウェーブの仕上がりです。ウェーブ幅は、フェイスライン側はやや狭め、正中線に向かいやや広く作ります。
10
リッジは、流れすぎ、重なり、割れに注意して作ります。
11
3段目は、3等分し左右のサイドはフィンガーウェーブ、中央はスカルプチュアカールを5つ作ります。ウェーブ幅1/2をスライスし、リッジから離れないようにバランスよく巻き収めます。
12
中央のスカルプチュアを作り終えたら、左右のフィンガーウェーブを6段目まで作っていきます。中央はカールのため、毛流だけを作ります。
ウェーブ13 ウェーブ14 ウェーブ15 ウェーブ16
13
左のフィンガーウェーブの仕上がりです。フィンガーウェーブが4段入るので、ウェーブ幅はフェイスライン側に向かって狭まるように作っていきます。フィンガーウェーブは耳にかからないよう注意しましょう。
14
左右フィンガーウェーブの仕上がりです。センターはカールで収めていきます。
15
4段目中央はリフトカールを5つ作ります。ウェーブ幅の1/2をスライスし、ループはスライス線上に巻き収めます。カールの方向性は右になります。
16
右リフトカールの完成です。ループの大きさ、ピンの方向性に気をつけ、ループがスライス線上に収めるように意識しましょう。
ウェーブ17 ウェーブ18 ウェーブ19 ウェーブ20
17
5段目も4段目と同様、リフトカールを5つ収めます。カールの方向性は左になります。
18
左リフトカールの完成図です。

19

6段目中央は、メイポールカールを3つ作ります。メイポールカールは、オーバーラップしないように注意しましょう。ピニングはボビーピンとオニピンのクロスピニングとします。
20
最終段の7段目はクロッキノールカールで収めます。前の段階で左右のフィンガーウェーブは完了していますが、崩れているのであれば、この段階で作り直します。両サイドのクロッキノールカール上にはリッジがありますので壊さないように注意しましょう。なお、クロッキノールカールを巻き終わった後にさらに残りがある場合は、ターンステムで処理します。
ウェーブ21 ウェーブ22 ウェーブ23 ウェーブ24
21
完成図です。
22
完成図です。

23

完成図です。
24
完成図です。

 

 

 


専門学校エクラ
名古屋市千種区仲田2-5-2 TEL: 052-751-5788 FAX:052-784-7377
�G�N�����e���w�Z

 

 
 

衛生コース
美容コース
学校概要

��������
美容師国家試験対策講習会